スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フワッフワッ♪

今回だけは分かる方だけに分かっていただければいいです。
カミさんも私も逆に心配しています・・・
2人で何が出来るかを3秒くらい真面目に考えましたさ・・・
そこで出た結論は

このBFB(ボルダリング ファン ブログ)を盛り上げる❗

ことです❗(キッパリ)
ワタシ本気です❗師匠見ててくださいね♪
近いウチに・・・フワッフワッ♪

ウエンツ瑛士でした♪

※ボルダリング(Bouldering)とは、フリークライミングの一種で2mから4m程度の岩や石を確保無しで登るスポーツである。

歴史

元々はロープを使用したフリークライミングの練習的な位置づけだったが、クライミングから確保という要素が取り除かれ、より純粋に岩を登る事に集中できる。また必要な装備が少なく手軽にはじめられる事から、ボルダリングを中心に行うクライマーが増えており、現在では独立したフリークライミングの一形態となっている。

グレード

ボルダリングの課題の難度を示すために、課題に対しグレードが付けられる。ただグレードは定める者の主観にて決まるので常に賛否が付きまとい、そのエリア内の一応の目安ぐらいの位置づけとなっているのが現状である。

国内では、草野俊達によって発案された「級段方式」が現在では一般的である。小川山の「エイハブ船長」(1級)、御岳の「忍者返し」(1級)の2つの課題がグレード体系の基準であるとされている。8~7級ぐらいが初心者の入門用で、初段あたりから上級の部類となる。

段級グレードは各グレードにおける難度の幅が広いことが特徴であり、「やさしめの初段」や「むずかしめの初段」といわれる課題が存在する。近年ではよりグレーディングを明確にするために+や-をつけて標記されることもある。

海外でよく用いられているものとしてはアメリカのVシステム、フランスのフォンテーヌブローシステムなどがある。グレード間の換算表が発表されることもあるが、グレード自体のばらつきと同様に一応の目安くらいにしかならない。

以上wikiから抜粋でした♪
私もリアルに身体動かしてないなぁ・・・子供がもう少し大きくなったら少しづつ動かそう♪

以上❗小池徹平でした♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上田ルミエール&エンジェルズ

Author:上田ルミエール&エンジェルズ
マッタリと夫婦2人でバーコードフットボーラーを
楽しんでいるブログです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
BFBueda analyze
☆あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。